あきらめない!スグに・安く・確実に修復する方法
PC復旧に役立つ修理業者ランキング  >  専門業者のPC復旧術 >  対応範囲を知ろう

対応範囲を知ろう

ここでは、データ復旧業者が一般的に取り扱っているメディア(SERVER/RAID、ハードディスク、USBメモリーなど)について、紹介していきたいと思います。

一般業者が扱う対応範囲とは

まずは、SERVER/RAID復旧から。

RAID復旧は、SERVERやストレージなどを運用中に、RAID装置が論理的・物理的障害によってデータ領域にアクセスできなくなった場合に、保存されているデータを復旧することを指します。

そしてこれには、サーバーで使用されるSCSI/SASなどのハードディスク、RAID復旧用の設備などの他、さらに各種メーカー、装置別の知識が必要です。

次に、ハードディスクの復旧

ハードディスク復旧は、ウイルス感染、誤操作、カチカチと音がする、データが開かない、プログラムが動かないなどのさまざまな論理的・物理的障害が原因で取り出せないデータを復旧させるというものです。

PCや外付けハードディスク、ビデオカメラなど、内蔵されているものでしたら、修理は可能だと思います。

最後に、USBメモリー、フラッシュメモリー・SDカードなどの外付け機器の復旧。

メモリー内のファイルシステム領域が破損されていて、データ領域にアクセスができない、フラッシュメモリーのコントローラの損傷でデータにアクセスできない、などの原因がよくあるようです。これらの場合は、修復やコントローラの交換などにより、高い確率でデータが復旧します。

また、取り扱うOSもWINDOWSの各バージョンやMAC、データベース(MYSQLなど)、メールデータの復旧までを取り扱っている業者も多く見られます。