あきらめない!スグに・安く・確実に修復する方法
PC復旧に役立つ修理業者ランキング  >  専門業者のPC復旧術 >  パソコンの復旧事例/RAIDレベル5

パソコンの復旧事例/RAIDレベル5

RAIDレベル5とは?また、業者に依頼し、RAIDレベル5のパソコン復旧事例を紹介しています。

RAIDレベル5とは

データを複数のディスクに分散して記録する点はRAIDレベル0と同じですが、RAIDレベル5においては、「パリティ」と呼ばれる冗長コードを生成してディスクに書き込んでいくという独自の特徴を備えています。
これにより、どれか1台のディスクが故障したとしても、残りのディスクに記録されたデータとパリティ情報を使って、元のデータを復元することができます。

レベル0やレベル1と比べると、RAIDレベル5は耐障害性・高速化・大容量化すべての点で優れたRAID技術と言えます。
ただ、同時に2台以上のディスクが故障してしまったときには、復旧できないという弱点も抱えています。

RAIDレベル5の復旧事例

管理人がパソコンの復旧を依頼した業者(デジタルデータリカバリー)の、RAIDレベル5の復旧事例を集めてみました。

「依頼翌日には、納品してもらえました」

テラステーション本体が故障してしまい、メーカーに問い合わせたところ、復旧には1~2週間かかると言われました。
しかも、筐体自体は修理できるが、中のデータが元に戻る保証はないとのこと。
そこで、「餅は餅屋」ではありませんが、データ復旧の専門業者に依頼。
結果、中のデータまできちんと復旧できたのはもちろんのこと、依頼した翌日には納品してもらえて、本当に助かりました。

メーカーでは1~2週間はかかると言われていただけに、この復旧スピードの早さには正直驚かされました。
(Buffalo製 テラステーション/東京都・法人)

「豊富な部品ストックを保有する大手だからこその安心感」

突然、ハードディスクへのアクセスができなくなりました。
筐体を変えてハードディスクを入れ直してみたものの、エラーメッセージが表示されるばかり。
困りに困って、こちらに修理を依頼することにしました。
担当者の方いわく、こうした事例の場合には、適合するハードディスクドナーが必要であるとのこと。
技術力の高さもさることながら、部品のストックの多さも、大手ならではと感じました。
(I-O Data製 LANDISK HDL-GTシリーズ/佐賀県・法人)

「故障したら、すぐに専門業者に依頼することが大切」

複数あるハードディスクのうち、故障した1台を新品に交換したところ、正常に動作しなくなりました。
結果的には、業者に修理を依頼して無事復旧できたのですが、自己判断で新品に交換したことで、より深刻な症状に陥りかねなかったと、担当者の方から指摘されました。
間違った対処をしてしまうことで、本来なら直せるはずのデータも直せなくなってしまうとのことで、今後は、自分であれこれいじることなく、故障したらすぐに専門業者に依頼しようと思います。
(I-O Data製 LANDISK/福岡県・法人)