あきらめない!スグに・安く・確実に修復する方法
PC復旧に役立つ修理業者ランキング  >  専門業者のPC復旧術 >  パソコンの復旧事例/RAIDレベル0

パソコンの復旧事例/RAIDレベル0

RAIDレベル0とは?また、業者に依頼し、RAIDレベル0のパソコン復旧事例を紹介しています。

RAIDレベル0とは

RAID(レイド)とは、複数台のハードディスクを組み合わせて、大きなひとつの仮想ハードディスクを作る技術です。

RAIDにはさまざまなレベルがあり、RAID0も、そのひとつに数えられます。

RAID0は、データを複数台のハードディスクに分散して記録することでパフォーマンス(特に速度)を向上させる技術のことで、ストライピングとも呼ばれます。
速度向上に寄与する一方で、RAID0には、冗長性がまったくなく、またドライブの数が増えるほどに故障率も高まるといった欠点もあります。

RAIDレベル0の復旧事例

管理人がパソコンの復旧を依頼した、業者(デジタルデータリカバリー)を例を挙げ、RAID0のパソコン復旧事例をあつめてみました。

確実に、安全にデータを復旧するならば、やはりプロにおまかせるのが賢明です。

稀少な交換部品も揃っていた

今回、私が修復を依頼したのは、部品交換が必要な障害でした。
HDDの分野は、技術の移り変わりが激しいため、たった数年前の部品であっても既に市場からは消え、結果として部品交換ができないケースも珍しくないそうです。
しかし、お願いした業者は7000台以上ものHDD部品を常備していて、併せて、部品調達に関して世界規模のネットワークも持っているようで、今回の交換部品も、既に市場には出回っていないものだったにも関わらず、すぐに修復してもらうことができました。

翌日には復旧してもらえました

障害発生後すぐに持ち込んだことが幸いして、障害が悪化することもなく、翌日には全データを納品してもらうことができました。
故障により、社内業務だけでなく、社外との取引も完全にストップしてしまいかねない状況だっただけに、迅速に修復してもらえて、たいへん助かりました。
私たちのような法人の場合には、修復の確実性はもちろんですが、スピードも同じくらい重要な要素であり、その両方を兼ね備えたデジタルデータリカバリーはおすすめの復旧業者と言えます。